ニュース
» 2020年03月30日 17時03分 公開

ANAの人材トレーニング拠点にローカル5G導入 NEC

ANAグループの教育機能を一箇所に集約した総合トレーニングセンターでローカル5Gを導入し、これまで収集できなかったデータを活用した訓練のパーソナライズ化を目指す。

[柴佑佳,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 全日本空輸(以下ANA)とNECは2020年3月30日、ANAグループの総合トレーニングセンター「ANA Blue Base」(ABB)でローカル5Gを活用した共創活動を開始すると発表した。

ANA Blue Base ANA Blue Base(出典:ANA)

 ABBとは、これまで羽田空港周辺に点在していたANAグループの訓練や教育、研修機能を集約する約3万平方メートルの実務訓練拠点だ。NECはABBにコアネットワーク設備や基地局、端末といった5Gネットワーク機器を提供し、高品質な通信環境を構築するとしている。ANAによれば、日本の航空業界としてローカル5Gを導入するのは同社が初となる。

ANAがローカル5Gで実現を目指す「空港の再現」とは

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ