速報
» 2020年04月07日 10時17分 公開

Firefox 74の脆弱性突く攻撃発生、他のブラウザにも影響か

攻撃に利用された「Firefox 74」の脆弱性を修正するアップデートが公開された。発見者は、他のブラウザにも影響する可能性を示唆している。

[鈴木聖子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 Mozilla Foundationが開発するWebブラウザ「Firefox 74」の脆弱(ぜいじゃく)性を突く攻撃が発生していたことが分かった。同社は修正のためのアップデートを2020年4月3日(米国時間)に公開した。

 Mozilla Foundationのセキュリティ情報によると、今回のアップデートで対処した脆弱性は、2件とも特定のターゲットを狙った標的型攻撃に利用されているという。重要度は最も高い「Critical」に分類されている。更新版の「Firefox 74.0.1」と延長サポート版の「Firefox ESR 68.6.1」でこの2件の脆弱性を修正した。

今回の脆弱性について伝えるMozilla Foundationのブログ(出典:Mozilla Foundation)

ゼロデイ攻撃に悪用か 米国土安全保障省CISAはアップデートを呼びかけ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ