ニュース
» 2020年06月18日 09時21分 公開

国内IoTインフラストラクチャ市場、2024年までプラス成長 IoTエッジ層でのデータ分析ニーズが増大傾向――IDC予測

IDC Japanによると、2020年の国内IoTインフラストラクチャ市場は、前年比5.1%増の1048億円規模になるという。IoTエッジ層でのデータ分析処理ニーズが高まりつつあることから、今後もIoTエッジインフラを中心に市場拡大が見込まれ、2024年まで年成長率14.6%でプラス成長が続く見通しだ。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 IDC Japanは2020年6月17日、「国内IoT(Internet of Things)インフラストラクチャ市場」の予測を発表した。

国内IoTインフラ市場はプラス成長が継続、2024年の市場規模は?

 2020年の国内IoTインフラ市場の支出額は、前年比5.1%増の1048億円になる見込み。また、2019年から2024年の年間平均成長率(CAGR)は14.6%で、2024年の同支出額は1971億円になると予測している。

Photo 図1 2019〜2024年の「国内IoTインフラストラクチャ市場」の支出額予測(Source:IDC Japan, 6/2020) ※今回の市場予測は、2020年3月末時点における新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響と見通しを考慮したものとなっている。

国内IoTエッジインフラ市場は2024年まで年成長20.9%の高成長の見通し

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ