ニュース
» 2020年06月16日 10時00分 公開

国内コンサルティングサービス市場、2024年に1兆4億円規模へ コロナ後の“本質的DX”が需要を後押し――IDC予測

IDC Japanによると、ビジネス/ITコンサルティングからなる「国内コンサルティングサービス市場」は2024年に1兆4億円に達する見通し。新型コロナウイルス後の社会環境変化の多くは、ビジネスモデルから再定義するような大規模な変革や本質的DXを促進し、ビジネスコンサルティングの需要を拡大させるという。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 IDC Japanは2020年6月15日、「国内コンサルティングサービス市場」の予測を発表した。

 それによると、ビジネスコンサルティングとITコンサルティングで構成される同市場の2019年の市場規模(支出額ベース)は前年比7.3%増の8217億円になる見通し。2019〜2024年の年間平均成長率(CAGR)は4.0%と見込まれ、2024年には1兆4億円に達すると予測している。

Photo 2018〜2024年の「国内コンサルティングサービス市場」支出額予測。2019年までは実績値、2020〜2024年は予測値(Source:IDC Japan, 6/2020)

 なお、今回の市場予測では、2020年4月末時点における新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響および見通しを考慮しているという。

高成長のビジネスコンサル市場、2024年に5951億円規模へ、高成長の理由は?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ