ニュース
» 2020年08月24日 07時00分 公開

増加するデータ事業者 国内の概況と「3つの傾向」とは?――IDC Japan調査

IDC Japanは、国内企業の「データエコシステム」に対する取り組み状況の調査結果を発表した。データエコシステムに関わる事業者の動向について、3つの傾向があることが分かった。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 IDC Japan(以下、IDC)は2020年8月20日、国内企業の「データエコシステム」に対する取り組み状況の調査結果を発表した。今回の調査は、特に「産業横断データ取引基盤」「Data as a Service」「情報銀行」「データ流通推進活動」に関わる事業者に焦点を当てた。

IDCは「データエコシステムの構成要素と主要プレイヤー」として、企業や官公庁、消費者を横断してデータ事業者をマッピングした(出典:IDC)

 IDCではデータエコシステムを「外部企業のデータと掛け合わせて新たなビジネスモデルを創出する目的で、企業内部にあるデータを形成する、ステークホルダーの集合体」と定義する。同社は今回の調査によって、こうしたデータエコシステムに関わる事業者の動向について、次の3つの傾向があることが分かったとしている。

増加するデータ事業者 国内の動きに見える「3つの傾向」とは?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ