ニュース
» 2020年10月27日 15時45分 公開

コロナ禍で企業のネットワーク活用に変化 5Gへの期待と不安――IDC調査

IDC Japanによると、新型コロナウイルス感染症の影響は企業ネットワークの導入/活用動向に変化を及ぼしていることが判明。クラウドシフトや5G、ワイヤレスファーストの導入/活用など、今後の企業ネットワークの在り方に影響する変化を推進する可能性が大きいという。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 IDC Japan(以下、IDC)は2020年10月26日、国内企業ユーザーのネットワークの利用動向に関する調査結果を発表した。

 この調査レポートは、国内企業543社を対象に2020年8月に実施した「2020年 企業ネットワーク機器利用動向調査」の調査結果をまとめたもの。

コロナ禍で変化した企業ネットワークの在り方とは?

 今回の調査では、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大は、企業ネットワークにも大きな影響を及ぼしていることが明らかになった。約8割の回答者が、COVID-19の感染拡大の影響で「企業のネットワークに対する考え方や取り組みが変化した」と回答していた。

 「ネットワーク構築運用の省人化」「無線LAN化促進」「リモートアクセスの強化」「ネットワークのコスト削減」といった足元の課題解決に向けた取り組みだけでなく、「クラウドシフトへの対応」や「新たなネットワーク技術/考え方の導入」など、今後の企業ネットワークの在り方に大きな変化をもたらす可能性も明らかになった。

Photo COVID-19感染拡大以降の企業ネットワークに関する取り組みや考え方の変化。「Q.新型コロナウイルス感染症拡大以降、貴社のネットワーク設計や運用、予算に対する考え方や今後の取り組みはどのように変化していますか?」への回答。n=533、不明回答は除く。複数回答(Source:IDC Japan, 10/2020)

「ワイヤレスファースト」の推進は6割、5Gの利用期待も高まる

 無線をネットワークアクセスの第一の手段と考える「ワイヤレスファースト」については、6割を超える企業が実践しており、国内企業に着実に浸透していることが分かった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ