ニュース
» 2020年11月02日 07時00分 公開

手ぶらで認証、キャッシュレス決済へ 日立が生体認証統合基盤サービスを開始

日立製作所は、指静脈などの生体認証で本人認証やキャッシュレス決済ができる基盤サービス「生体認証統合基盤サービス」を開始した。生体情報を復元不可能な形でクラウドに登録し、安全性や利便性を確保。飲食店やイベント会場、レジャー施設など、幅広い分野で手ぶらでのキャッシュレス決済やチケットレス入場が実現する。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 日立製作所(以下、日立)は2020年10月30日、生体認証を活用して安全性の高い本人認証やキャッシュレス決済を実現するクラウド型認証基盤サービス「生体認証統合基盤サービス」の提供を開始した。

 指静脈認証などの生体認証を用いて“手ぶら”での本人認証やキャッシュレス決済を実現するサービスとして、飲食店やイベント会場、レジャー施設など、幅広い分野への展開を見込む。

「生体認証統合基盤サービス」でどこでも“手ぶら”サービスが実現?

 生体認証統合基盤サービスは、指静脈や顔、虹彩などの生体情報を暗号化して登録、照合する日立独自の生体認証基盤技術「公開型生体認証基盤(PBI:Public Biometric Infrastructure)」をベースにしており、安全かつ確実に本人を特定する。決済連携機能や入退場管理機能など、さまざまな業態/分野に適応する機能を付加し、多用途に活用できる基盤サービスとして展開する。

Photo 「生体認証統合基盤サービス」の概要

 同サービスでは、生体情報をクレジットカードとひも付けてユーザー登録することで、財布やクレジットカード、スマートフォンを持たずに手ぶらでの本人認証から決済までをシームレスに行えるようになる。

 生体情報はクラウド上で一元管理されるため、一度登録すれば、飲食や買い物の精算からテーマパークやスポーツジム、ゴルフ場といった会員施設内での受付やロッカーの使用までを全て手ぶらで行えるなど、さまざまな場面での利用が可能になる。

生体認証 安全性と利便性を支える新たな基盤とは

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ