ニュース
» 2020年11月06日 07時00分 公開

SUBARUが認証ソリューションAuth0を採用 改正個人情報保護法に対応

SUBARUは、同社のオーナー向けアプリ「マイスバル」に認証ソリューション「Auth0」を導入した。今後、Auth0の認証基盤を利用して改正個人情報保護法に対応した顧客向けのポータルサイトを構築する予定だ。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 Auth0は2020年11月4日、同社の認証ソリューション「Auth0」をSUBARUが採用したと発表した。SUBARUは、同社のオーナー向けアプリ「マイスバル」における顧客のID管理にAuth0を導入し、検討から購買、アフターセールスに至るパーチャスファネル上のオンライン体験の質をOne IDで横断して向上させ、顧客とのエンゲージメントを高める。

 SUBARUは、顧客の購買行動の変化に対応するため、顧客のオンライン体験向上に注力している。車種を検討する際、オンラインで情報を収集した上で来店する顧客が増加していることから、オーナー向けのアプリ「マイスバル」を提供し、オンラインでのコミュニケーションの拡大を図る。

顧客体験向上だけでは不十分、SUBARUが認証基盤に投資をする理由は

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ