ニュース
» 2020年12月07日 10時20分 公開

顧客行動の予測モデルをアジャイル開発 「説明可能なAI」を利用したサービスとは

電通デジタルとナレッジコミュニケーションは、企業の営業活動における顧客行動の予測モデル構築を「説明可能なAI」を用いたアジャイル型開発で支援するコンサルティングサービスを開始した。見込み客からの受注率や営業活動のアプローチ成功率を大幅に改善できるという。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 電通デジタルは2020年12月4日、ナレッジコミュニケーションと協業し、企業の営業活動における顧客の購買、解約、嗜好(しこう)性などの予測モデルの構築を「説明可能なAI(explainable AI)」(以下、XAI)を用いたアジャイル型開発で支援するコンサルティングサービスを提供開始すると発表した。

 同社によると、昨今、営業現場ではデータ活用のニーズが高まっており、中でも自社データ(1st Partyデータ)を統合し、顧客の購入確度や継続受注などの購買予測モデルを構築する際、膨大な自社データをAI/機械学習を活用して最適なアプローチにつなげようとするケースが増えているという。

 一方、AI/機械学習のPoC(Proof of Concept:概念実証)で開発した予測モデルの結果が現場で活用されずに実運用に至らないという課題に直面している企業も少なくないという。その要因として、ウオーターフォール型でPoCの工程を着実に段階的に進めていくプロセスが定着しており、開発途中での変更、追加が困難なことが挙げられるとしている。

アプローチ率を上げる“XAI×アジャイル”アプローチとは?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ