ニュース
» 2020年12月03日 16時00分 公開

AI画像認識ソリューションに新機能 「短期開発」と「早期PoC」を支援

日立ソリューションズ・テクノロジーは、周辺のモノや人を検知し、安全性把握や密集密接予防などに活用できる「画像認識エッジソリューション」の新バージョンを発表。AIの学習期間を短縮するツールや、高ニーズの機能のパッケージなどを追加した。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 日立ソリューションズ・テクノロジーは2020年12月2日、カメラ映像から周囲の物体や人物を検知し、距離を測定する「画像認識エッジソリューション」を機能強化し、開発期間の短縮やPoC(Proof of Concept:概念実証)の早期実現、低コスト化/小型化を実現した新バージョンを同日から提供開始した。

Photo 「画像認識エッジソリューション」の概要(出典:日立ソリューションズ・テクノロジー「画像認識エッジソリューション」

 画像認識エッジソリューションは、独自のディープニューラルネットワーク技術を用いて、カメラ画像からリアルタイムで物体や人物を検出/識別し、距離を算出するエッジソリューション。標準機能で自動車、人物、白線を検出でき、追加学習サービスで他の物体も検出可能になる。

 用途としては、道路や駐車場、工事現場、生産現場などにおける安全性把握や生産ラインの不良検出、生産データの収集などの他、混雑度や流入出の把握によって、商業施設やオフィスなどにおける密集密接予防の安全対策にも活用できる。

「開発期間の短縮」と「PoCの早期実現」を支援する2つの新機能

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ