ニュース
» 2020年11月02日 17時00分 公開

工場やプラントのIoT運用、クラウドで高度化へ 新ソリューションが登場

東芝デジタルソリューションズは、O&M(運転管理&保守点検)を支援するIoTサービス「設備・機器メーカー向け Meister RemoteX」「工場・プラント向け Meister OperateX」の提供を開始。IoTデータとO&M業務データを統合することで、アセット管理を高度化する。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 東芝デジタルソリューションズは2020年10月30日、IoTを活用した製造業向けO&Mソリューションの新製品となる「工場・プラント向けアセットIoTクラウドサービス Meister OperateX」(以下、Meister OperateX)と、同製品との連携機能を強化した「設備・機器メーカー向けアセットIoTクラウドサービス Meister RemoteX」(以下、Meister RemoteX)の提供を開始した。

製造業のO&Mを2製品で支援 クラウドも活用した仕組みとは

 Meister OperateXは、工場・プラント施設管理向けの設備・機器(アセット)管理ソリューション。設備・機器から収集するデータの活用基盤として、東芝グループが培ってきた産業機械や社会インフラシステムの遠隔監視・保守の知見を基に開発したデータ活用基盤「アセット統合データ基盤」を搭載する。

 これにより、工場やプラントに分散配置されたさまざまな設備や機器の稼働状況を収集し、可視化、リモート監視することで、メンテナンス業務の効率化、工場・プラント全体の最適な運転、エネルギー効率の最適化による“止まらない工場・プラント”の実現を支援する。

Photo 「工場・プラント向けアセットIoTクラウドサービス Meister OperateX」の概要(出典:東芝デジタルソリューションズ 製品情報

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ