ニュース
» 2020年12月08日 07時00分 公開

タイル卸売業の老舗が、新たなデータ活用基盤としてオラクル製品を採用

平田タイルは「Oracle Autonomous Data Warehouse」と「Oracle Analytics Cloud」を、開発営業本部の新たなデータ活用基盤として導入した。これまでは顧客の行動分析に表計算ソフトを利用していたというが、それがどのように変化したのだろうか。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 日本オラクルは2020年12月7日、建築用内外装タイルの卸売業を手掛ける老舗企業の平田タイルが、開発営業本部の新しいデータ活用基盤として「Oracle Autonomous Data Warehouse」と「Oracle Analytics Cloud」を導入したと発表した。平田タイルは2020年5月に同基盤の運用を開始しており、基幹システムの受注と販売のデータを一元化し、外部データと合わせて分析可能にした。

 商品開発や販売を担う平田タイルの開発営業本部は、これまで基幹システムから抽出した売り上げや在庫、受発注データなどの定型レポートと全国の営業担当者による顧客へのヒアリングにより市場の動向やトレンドを把握していた。

 日本オラクルによると開発営業本部は、これらの定型レポートに加えて、顧客の行動データを分析しようとしたものの、データ規模が大きくなり、従来分析に使用していた表計算ソフトでは分析ができなかった。そのため今回、新しいデータ活用基盤の採用に至ったという。

老舗タイル卸売業が取り組むデータ活用 新データ活用基盤の実力は

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ