ニュース
» 2020年12月25日 07時00分 公開

不公正取引の調査に向けて 日本取引所が予測結果の根拠を説明できるAIを採用

NECは、日本取引所に「ホワイトボックス型AI」を実装したシステムを提供した。同AIは、多種多様なデータの中から精度の高い規則性を自動的に発見し、その規則に基づいて状況に応じた最適な予測を実施する「異種混合学習技術」を採用する。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 NECは2020年12月24日、日本取引所に予測結果の根拠を説明できる「ホワイトボックス型AI」を実装したシステムを提供したと発表した。

 同システムは2020年12月から、相場操縦行為などの不公正取引の調査する売買審査業務に利用されている。

予測に至る根拠を可視化 ホワイトボックス型AIを実現した仕組みとは

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ