ニュース
» 2021年01月06日 11時00分 公開

サイバー攻撃対応をオンラインで学べる 本格的な演習コース提供 NEC 

NECは、サイバー攻撃への実践的な対処方法を体験しながら学べる2日間のオンライン演習「実践!サイバーセキュリティ演習-インシデントレスポンス編-」を提供開始する。講義、実習、グループワークを通して、実践的なインシデントハンドリング(発見、対処、報告)の手法を学習できる。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 NECは2021年1月5日、サイバー攻撃(標的型攻撃)の発見から対処、報告までの一連の流れ(インシデントハンドリング)を体験しながら学べる「実践!サイバーセキュリティ演習-インシデントレスポンス編-」をオンライン形式で提供開始すると発表した。

実践的なサイバー攻撃対策を習得

 この演習は、企業や官公庁などの情報システム管理者、情報セキュリティやCSIRT(Computer Security Incident Response Team、シーサート)の担当者などを対象とした、サイバー攻撃に適切に対処するスキルを実際の攻撃事例に基づいて学べる2日間のオンライン演習。講義、実習、グループワークを通して、インシデントハンドリングに必要な知識を身に付けることができる。

 受講者は、Webブラウザでクラウド上に構築された企業や組織の情報システムを模擬した演習環境にアクセスし、攻撃痕跡の調査や対策、出題への回答などを行う。

Photo 「実践!サイバーセキュリティ演習」のオンライン受講のイメージ(出典:NEC)

オンラインでチーム連携 実戦を想定した演習の中身

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ