ITmedia DX
ニュース
» 2021年01月25日 07時00分 公開

再生可能エネルギーの使用率を可視化 日立が環境価値に訴求したサービスの提供を支援

日立は、建物や製造ラインなどの単位で、再生可能エネルギー由来の電力の使用率を可視化するシステムを開発した。企業の環境意識の向上や再生可能エネルギーの普及を促す狙いだ。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 日立製作所(以下、日立)は2021年1月22日、建物や設備などのサービスごとに、使用電力が再生可能エネルギー由来で稼働していることを可視化するシステムを開発したと発表した。2021年2月から、同社の研究開発拠点である「日立製作所 中央研究所」の特定の建物やエレベーターなどに同システムを導入する。

 日立は、企業が中長期で取り組む再生可能エネルギーを活用した脱炭素化の取り組みについて、今回開発したシステムで成果を可視化することにより、企業の環境意識の向上および環境価値に訴求した製品やサービスの提供を支援する。

再生可能エネルギーの普及を促す 日立の将来構想とは

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ