ニュース
» 2021年02月26日 07時00分 公開

Microsoftが金融、製造業、NPO向けクラウドソリューションを新たに発表 その目玉機能は

「Microsoft Cloud for Financial Services」「Microsoft Cloud for Manufacturing」「Microsoft Cloud for Nonprofit」はそれぞれ金融サービス、製造業、非営利団体のニーズに特化する。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2021年2月24日(現地時間)、新たな業界向けクラウドソリューションを発表した。「Microsoft Cloud for Financial Services」「Microsoft Cloud for Manufacturing」「Microsoft Cloud for Nonprofit」の3種で、それぞれ金融サービス向け、製造業向け、非営利団体向けとなる。

 Microsoftは特定の業界向けクラウドソリューションとして、すでにヘルスケア向けの「Microsoft Cloud for Healthcare」と、小売業向けの「Microsoft Cloud for Retail」を発表済みだ。今回新たに発表された3種類はこれらに続くもので、いずれも共通データモデルやクラウド間コネクター、ワークフローといったコンポーネントや標準機能を「Microsoft 365」や「Microsoft Teams」「Microsoft Azure」「Microsoft Power Platform」「Microsoft Dynamics 365」といった同社のクラウドサービスと組み合わせて構築した。

業界別のニーズに特化 新たな3ソリューションの目玉機能は

 3ソリューションの発表に当たり、Microsoftの紹介映像に登場したCEOのサティア・ナデラ氏は「これらは全て単一のシームレスなソリューションとして機能しつつ、業界の垣根を越えたワークフローを実現するものだ」と語った。

 「例えば、小売企業と製造企業が連携し、生産管理から在庫管理までをクラウドでリアルタイムに実行できる。われわれの包括的な技術やパートナー企業とのエコシステムのおかげで、このような価値を組織に提供できる」(ナデラ氏)

Microsoftの紹介映像で、新ソリューションについて語るナデラ氏(出典:Microsoft)

 3ソリューションそれぞれの特徴は以下だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ