ニュース
» 2021年03月03日 07時00分 公開

AWSが大阪にスタンダードリージョン開設 ローカルリージョンから"昇格"の背景は

AWSは、「AWSアジアパシフィック(大阪)リージョン」を開設した。日本で2拠点目のスタンダードリージョンで、3つのアベイラビリティゾーンで構成される。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 AWS(Amazon Web Services)は2021年3月2日、「AWSアジアパシフィック(大阪)リージョン」(以下、大阪リージョン)を開設した。同リージョンは、国内で2拠点目のスタンダードリージョンで、2018年に一部の顧客向けに開設された「AWS大阪ローカルリージョン」を拡張したものだ。3つのアベイラビリティゾーン(AZ)で構成される。

 リージョンは、データセンターが集積する地域のことだ。AZは、1つのリージョンの中で、それぞれ切り離されて冗長的な電源やネットワークなどを備えるデータセンターのグループを表す。各リージョンは複数のAZによって構成される。

国内2拠点目のスタンダードリージョン 開設によって得られるメリットとは?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ