ニュース
» 2021年03月16日 17時54分 公開

シュナイダー製スマートメーターに緊急の脆弱性情報、狙われるスマート機器

世界的に普及が進むスマートメーターは、ソフトウェアを搭載し、リモート通信機能を持つことからサイバー攻撃の評価的になり得る。実際、スマートメーターのセキュリティアドバイザリも発行される状況だ。

[後藤大地,有限会社オングス]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 イスラエルのセキュリティ企業Clarotyは2021年3月9日(現地時間)、シュナイダーエレクトリック製スマートメーターに緊急の脆弱(ぜいじゃく)性が存在すると伝えた。この脆弱性が悪用されると、遠隔からスマートメーターを再起動したりプログラムを実行したりできる可能性があるとされる。

Claroty Uncovers Vulnerabilities in Schneider Electric Smart Meters - Claroty シュナイダーレクトリック製スマートメーターの脆弱性を報告するClarotyのWebサイト(出典:Claroty)

該当バージョン製品と修正ファームウェアの公開状況

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ