ニュース
» 2021年03月27日 10時00分 公開

リスクあるExchange Serverは世界に6万2000台も残る、日本の台数は

Exchange Serverの脆弱性が現在進行系で悪用されている。脆弱な状態のExchange Serverは特に米国に多いが、日本も世界で13番目に多いようだ。

[後藤大地,有限会社オングス]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 2021年3月の初めにMicrosoftは同社の「Microsoft Exchange Server」(以下、Exchange Server)に脆弱(ぜいじゃく)性が存在すると発表した。

 今回の発表はいつも発表されている他の脆弱性よりも深刻なものだった。サイバー攻撃者は簡単にこの脆弱性を利用でき、攻撃者がサーバに永続的なアクセスを確立できることが明らかになった。インシデントは発生から1カ月が経過しようとしているが、現在進行系でこの脆弱性を利用した攻撃が世界中で続いている。

 セキュリティメディアCyberNewsは2021年3月23日(現地時間)、世界中に6万2000台ほどのパッチが適用されていないExchange Serverが存在するとの調査報告を示した。

CyberNews CyberNews

日本に脆弱性あるExchange Serverは何台あるか

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ