ニュース
» 2021年04月01日 18時32分 公開

Microsoftが米軍と開発する「統合視覚増強システム(IVAS)」とは? HoloLensやMicrosoft Azureの使われ方

Microsoftと米国陸軍が進めてきた統合視覚増強システム(IVAS:Integrated Visual Augmentation System)の開発が、開発段階を抜けて製造の段階へ向かおうとしているようだ。Microsoft HoloLensやMicrosoft Azureなどの技術を活用して開発されたヘッドマウントディスプレイ形式の戦闘支援システムで、兵士に対してさまざまな情報に基づく支援ができるとされている。拡張現実と機械学習を使った複合現実によるトレーニングも可能だという。

[後藤大地,有限会社オングス]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2021年3月31日(現地時間)、公式ブログでMicrosoft HoloLensおよびMicrosoft Azureの技術を活用して開発された統合視覚増強システム(IVAS:Integrated Visual Augmentation System)の生産を米国陸軍と協力して取り組んでいくと伝えた。これまでのプロトタイプ開発の段階から本番製品としての製造へ移ることになるものと見られる。

Army moves Microsoft HoloLens-based headset from prototyping to production phase - The Official Microsoft Blog 契約締結を伝えるブログ(出典:Microsoft)

Microsoftと米国陸軍が開発するIVASとは

 同日、米国陸軍からもほぼ同じ内容の発表が出された。IVASを製造するための契約をMicrosoftと締結したこと、Microsoftと共同で進めてきた開発段階から製品としての製造段階へ入っていくことなどが説明されている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ