ニュース
» 2021年04月13日 10時35分 公開

日立、上下水道事業の運用・保全支援SaaSに新機能 AIで効率的なプラント運用を

日立は、上下水道事業向けクラウドサービス「O&M支援デジタルソリューション」に、AIを活用した設備診断、水質予測、運転支援などの新機能を拡充した。水インフラの運用・保全業務のDXを加速し、高効率・安定運営とノウハウ継承を支援する。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 日立製作所(以下、日立)は2021年4月12日、上下水道事業向け運用・保全支援クラウドサービス「O&M(Operation & Maintenance)支援デジタルソリューション」に、AIを活用した設備診断、水質予測、運転支援などの新機能を追加した。

 O&Mデジタルソリューションは、上下水道事業における運用・保全業務の可視化・省力化・効率化やノウハウの継承などを支援するクラウドサービス。IoTやAI、アナリティクスなどを活用して、上下水道事業運営に関わるさまざまなデータを収集・分析し、設備状態の可視化や運用・保全業務の効率化を図り、プラントの安定運用や経営課題の解決を支援する。

Photo 「O&Mデジタルソリューション」の概要(出典:日立製作所)

AIを活用した設備診断、水質予測、運転支援の新機能とは

 今回、新たに追加されたのは「設備状態診断機能」「水質予測機能」「プラント運転支援機能」「データ見える化機能」といったデータ分析系機能。また、2021年中に「残塩管理機能」の提供も予定している。これらの新機能は、国内の複数プラントでの実証試験を経て性能を確認した。

 日立では、新機能の拡充により、生活に欠かせない水インフラの運用・保全業務のデジタルトランスフォーメーション(DX)を加速し、高効率・安定運営とノウハウ継承を支援するとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ