ニュース
» 2021年04月22日 08時00分 公開

ネット常時接続機器のサイバーセキュリティを確保する「セキュリティ検証の手引き」 経済産業省が公開

経済産業省は、ネットワークに常時接続する機器に対するセキュリティ検証の高度化を目的に、「機器のサイバーセキュリティ確保のためのセキュリティ検証の手引き」を公開。効果的な検証手法や、検証サービス事業者と検証依頼者が実施すべき事項などをまとめている。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 経済産業省は2021年4月19日、ネットワークに常時接続する機器に対するセキュリティ検証の高度化を目的に、「機器のサイバーセキュリティ確保のためのセキュリティ検証の手引き」を公開した。効果的な検証手法や、検証サービス事業者と検証依頼者が実施すべき事項などをまとめている。

 出荷前の機器に対して行われるセキュリティ検証は、脆弱(ぜいじゃく)性の有無やセキュリティ対策の妥当性の確認手法として有効だが、検証人材の暗黙知に依存する部分が大きく、効果的な検証手法や実施すべき事項の統一的な整理がなされていなかった。

 また、セキュリティ検証サービスを利用する機器メーカーなどの検証依頼者にとっては、信頼できる検証サービス事業者を選定する基準や、適切な検証目的を設定する統一基準がないため、求める品質や結果が得にくいといった状況も生じている。

 同手引きは、こうした課題に対応し、セキュリティ検証サービスの高度化を目的にまとめられた。経済産業省では、同手引きを検証サービス事業者と検証依頼者の双方が活用することで、セキュリティ検証サービスの水準向上や適切な検証体制の構築が期待されるとしている。

検証方法を対象別にガイド 「手引き」の概要と使い方は

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ