ニュース
» 2021年04月28日 07時00分 公開

経産省が「サイバーセキュリティ体制構築・人材確保の手引き」の改訂版を発表経営層のセキュリティ理解を促進

経産省は、「サイバーセキュリティ体制構築・人材確保の手引き」を改訂して第1.1版を公開した。主に従業員数300人以上のユーザー企業(大企業や中堅企業)の経営層を対象に、セキュリティ体制の構築や人材育成方法をまとめた。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 経済産業省(以下、経産省)は2021年4月26日、2020年9月に初版を公開した「サイバーセキュリティ体制構築・人材確保の手引き」を改訂し、第1.1版を発表した。

 サイバーセキュリティ体制構築・人材確保の手引きは、経営者向けのセキュリティ対策をまとめた経産省の「サイバーセキュリティ経営ガイドライン Ver.2.0」に基づき、企業がセキュリティ体制の構築や人材を確保するための要点をまとめたものだ。主に従業員数300人以上のユーザー企業(大企業や中堅企業)を対象とする。

 経産省によれば、高度化したサイバー攻撃に対抗するためには、サイバーセキュリティに関する体制の構築や人材の確保と育成が急務となっているという。

「サイバーセキュリティ体制構築・人材確保の手引き」の概要(出典:経産省の「サイバーセキュリティ体制構築・人材確保の手引き」(第1.1版)概要より抜粋)

第1.1版の改定内容まとめ セキュリティスキル習得を支援する資格制度も紹介

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ