ニュース
» 2021年05月14日 12時00分 公開

Microsoft 365とTeamsはテレワーク併用の“ハイブリッド”に注力へ 日本向けイベントで明かされた背景はMicrosoft Focus

Microsoft TeamsやMicrosoft 365の最新情報を紹介するイベントで、同社は日本向けの最新情報や中小企業向けのテレワーク相談窓口を紹介しつつ、今後テレワークとオフィス、両方を前提とする働き方を支援する方向性を明らかにした。その背景と、具体的な施策とは。

[大河原克行,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 日本マイクロソフトは2021年4月22〜23日の2日間、オンラインイベント「Microsoft 365 Day & Happy Birthday Teams!」を開催した。イベントで取り上げられた新サービスや最新情報からは、同社がテレワーク支援や「Microsoft 365」の機能強化について掲げる方針が見えてきた。本稿は、その様子を紹介する前編として、同社が明かした製品の最新情報やテレワーク支援の方針を取り上げる。

 イベントは「最新のMicrosoft 365とTeamsを知り尽くす2日間」として「Microsoft Teams」(以下、Teams)や「Microsoft Word」「Microsoft Excel」「Microsoft PowerPoint」などの最新機能や先進的な事例を紹介した。

 開催初日の基調講演は、「これからの日本の働き方にMicrosoft 365がお手伝い出来ること〜お客様を支え、寄り添うために〜」と題して、2021年3月に開催された同社の年次イベント「Microsoft Ignite 2021」で発表された最新機能やセキュリティの要点、新サービスの「Microsoft Viva」の他、DXへのチャレンジを実践する企業の事例の他、Microsoft 365を活用した新たな働き方を紹介した。

オフィスと自宅兼用の“ハイブリッドワーク”支援に注力する背景は

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ