ニュース
» 2021年06月08日 18時55分 公開

Windowsコンテナを標的とした新しいマルウェア「Siloscape」を発見

Windowsコンテナを標的とした新しいマルウェア「Siloscape」が発見された。このマルウェアは1年以上秘密裏に続いている大規模なサイバー攻撃キャンペーンで利用されている可能性が示唆されている。

[後藤大地,有限会社オングス]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 「Windowsコンテナ」で「Windows Server」を運用しているならば注意が必要だ。高度に難読化されたマルウェアが1年以上にわたって活動していることが確認された。

 Palo Alto Networksは2021年6月7日(現地時間)、自社Webサイトにおいて、Windowsコンテナを標的としたマルウェア「Siloscape」を発見したと伝えた。このマルウェアは1年以上実施されている大規模なキャンペーンで開発された可能性があるとされる。

Siloscape: First Known Malware Targeting Windows Containers to Compromise Cloud Environments Siloscapeに関する情報を報じるPalo Alto NetworksのWebサイト

Siloscapeの攻撃経路は既存の脆弱性

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ