ニュース
» 2021年06月15日 18時03分 公開

大規模なビジネスメール詐欺のインフラを"破壊" Microsoftの研究者ら

Microsoftの研究者らが大規模なビジネスメール詐欺システムを見つけ出し、そのインフラを破壊した。巧みに秘匿されていたサイバー攻撃を見つけ出したMicrosoftは「包括的な防御戦略」の重要性を説いている。

[後藤大地,有限会社オングス]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 Microsoftの「Microsoft 365 Defenderリサーチチーム」は2021年6月14日(現地時間)、同社セキュリティブログにおいて、大規模なビジネスメール詐欺(BEC:Business Email Compromise)のインフラを発見し、破壊したと伝えた。

 リサーチチームの発表した内容によれば、サイバー犯罪者はクラウドベースのインフラを活用し、フィッシングの手法でメールボックスを侵害し、勝手に転送ルールを追加することで金融取引に関する電子メールへのアクセスを可能にしていたという。

Behind the scenes of business email compromise: Using cross-domain threat data to disrupt a large BEC campaign | Microsoft Security Blog BECのインフラを破壊したことを伝えるMicrosoft Security Blogの記事

今回のサイバー攻撃に学ぶ対策戦略

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ