ニュース
» 2021年06月18日 07時00分 公開

三井住友海上、自社のデータ基盤に「Teradata Vantage on AWS」を採用

三井住友海上火災保険は、同社の全社データ基盤に「Teradata Vantage on AWS」を採用した。分散したデータを一元化し、AIによる顧客ニーズの予測分析や、保険商品の保険料率の検証、マーケティングなどに活用する。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 日本テラデータは2021年6月17日、三井住友海上火災保険(以下、三井住友海上)が全社データ基盤に「Teradata Vantage on AWS」を採用したと発表した。

 Teradata Vantage on AWSは、データウェアハウス「Teradata Vantage」を、AWS(Amazon Web Services)で提供するものだ。マルチクラウドで、ビジネスに必要な全てのデータへのアクセスや分析を可能にする。

Teradata Vantage on AWS導入の決め手は?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ