ニュース
» 2021年07月16日 07時00分 公開

月額制VDIサービス「Windows 365」を発表 Windows 11をクラウドで「Cloud PC」の中身が明らかに

Microsoftは2021年8月2日に、Windows 365の一般提供を開始する。同社が「Cloud PC」と呼ぶこのサービスは、Windows 10やWindows 11が稼働する仮想デスクトップ環境をクラウドで月額提供する。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2021年7月14日(米国時間)、月額制のVDI(仮想デスクトップ基盤)サービス「Windows 365」の提供を開始すると発表した。一般提供は2021年8月2日を予定する。コロナ禍を受け、テレワークと従来のオフィス勤務を組み合わせた「ハイブリッドワーク」に企業が移行する中、これを促進する狙いだ。

 Windows 365は、「Windows 10」や2021年後半に提供予定の「Windows 11」が稼働する仮想デスクトップ環境をクラウドで提供する。Microsoftは、これを「Cloud PC」と呼んでおり、設計段階からセキュリティを考慮してゼロトラストの原則に基づいて構築したとしている。

 同社の会長兼CEOを務めるサティア・ナデラ氏は、「Windows 365によって、当社はCloud PCという新たなカテゴリーを作り出した。SaaSによってアプリケーションがクラウドに移行したのと同様に、OSもクラウドに移行する。これによって場所を選ばずに、生産性と接続性を向上できる」と述べる。

セキュアな運用で場所を選ばない働き方を促進 Cloud PCの詳細とは?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ