ニュース
» 2021年07月22日 07時00分 公開

16年間潜んでいたプリンタドライバの脆弱性が明らかに 影響は数百万台に登る可能性

16年間にわたって、HPとSamsung、Xeroxのプリンタソフトウェアに深刻度の高い脆弱性が存在していたことが明らかになった。何百万台ものプリンタがこの脆弱性の影響を受けると考えられており注意が必要だ。

[後藤大地,有限会社オングス]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 ドライバはPCの機能や周辺機器を適切に扱う上で重要だが、しばしば不具合の原因になる他、脆弱(ぜいじゃく)性の原因になっている。ドライバは高い権限で動作していることが多く、これを突かれるとシステムの制御権を乗っ取られやすくなる。

 セキュリティ企業のSentinelLabsは2021年7月20日(現地時間)、同社のブログでHPとSamsung、Xeroxのプリンタドライバに深刻度の高い脆弱性を発見したと伝えた。これらのプリンタドライバは、2005年以降に出荷されたHPとSamsung、Xeroxのプリンタに同梱されていると説明されており注意が必要だ。

同脆弱性を伝えるSentinelLabsのブログ(出典:SentinelLabsのブログから抜粋)

脆弱性が存在するプリンタを調べる方法は?

 SentinelLabsによれば、同脆弱性を利用すると特権のないユーザーがSYSTEMアカウントにアクセスしてカーネルモードでコードを実行でき、プログラムのインストールやデータの表示、変更、暗号化、削除、完全なユーザー権限を持つ新しいアカウントを作成できる可能性があるという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ