ニュース
» 2021年08月03日 07時30分 公開

企業のAIガバナンス習熟度を診断、PwCあらたが診断ツールを提供開始

AI原則について企業が現状を把握し、対応方針の検討材料にすることが目的。経済産業省の「AI原則実践のためのガバナンス・ガイドライン」を参考に作成した。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 PwCあらたは2021年8月2日、企業のAI(人工知能)ガバナンスを診断する「AIガバナンス習熟度診断ツール」提供を開始すると発表した。同診断ツールは、企業のAIガバナンスの習熟度を診断することで、活用を支援する。

経産省のガイドラインを考慮 AIガバナンス診断の仕組みは

 同診断ツールは、PwCあらたが2018年12月から提供する、AIの導入と利用に関するガバナンス構築やリスク評価についての支援サービスの一環だ。AI原則について企業が現状を把握し、対応方針の検討材料にすることを目的とする。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ