ニュース
» 2021年10月20日 07時00分 公開

DarkSideの新ブランド? ランサムウェア「BlackMatter」にCISAらが注意喚起

2021年7月に発見されたランサムウェア「BlackMatter」が米国で猛威を振るっている。CISAとFBI、NSAはこれに向け、共同でセキュリティアドバイザリを発行した。

[後藤大地,有限会社オングス]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 米国土安全保障省サイバーセキュリティ・インフラストラクチャセキュリティ庁(CISA)と米国連邦調査局(FBI)、米国家安全保障局(NSA)は2021年10月18日(現地時間)、共同でランサムウェア「BlackMatter」に関するセキュリティアドバイザリを発行した。

 BlackMatterは、2021年7月に初めて発見された「RaaS」(Ransomware-as-a-Service)の一種だ。CISAによれば、BlackMatterは、2020年9月から2021年5月まで活発化していたRaaS「DarkSide」のブランド変更の可能性があるという。

BlackMatterに関するセキュリティアドバイザリ(出典:CISAのWebサイト)

米国の重要な社会インフラを標的に BlackMatterの対策は

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

セキュリティ

注目のテーマ