ニュース
» 2021年11月25日 14時00分 公開

vCenter Serverに「重要」の脆弱性 迅速にアップデートを

VMware vCenter ServerとVMware Cloud Foundationに脆弱性が発見された。そのうち一つは深刻度が重要(Important)に分類される。該当製品を使用している場合は、迅速にアップデートを適用してほしい。

[後藤大地,有限会社オングス]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 VMwareは2021年11月23日(現地時間)、サーバ管理ソフトウェア「VMware vCenter Server」とハイブリッドクラウド基盤「VMware Cloud Foundation」の脆弱(ぜいじゃく)性を修正したバージョンを公開した。

 VMware Cloud Foundationの脆弱性(CVE-2021-21980)は深刻度が「重要」(Important)に分類される。該当製品を使用している場合には迅速にアップデートを適用してほしい。

VMSA-2021-0027(出典:脆弱性の情報を伝えるVMwareのセキュリティアドバイザリ)

脆弱性が存在するバージョンは

 VMwareは脆弱性の詳細をVMSA-2021-0027-VMware vCenter Server updates address arbitrary file read and SSRF vulnerabilities(CVE-2021-21980、 CVE-2021-22049)にまとめている。修正対象となった脆弱性は次の通りだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

セキュリティ

注目のテーマ