ニュース
» 2021年12月06日 07時00分 公開

クリスマス商戦を襲う「在庫不足」回避へ ウォルマートとターゲットが種明かしSupply Chain Dive

世界的なサプライチェーン逼迫が続く中、WalmartとTargetは商品を確保するためにどのような施策を採ったのか。大手以外の小売業者に残された選択肢とは。

[Ben Unglesbee,Supply Chain Dive]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

Supply Chain Dive

 2021年、世界は未曽有のサプライチェーンの混乱に陥っている。クリスマス商戦(ホリデーシーズン)が迫っても、混乱が収束するメドはつかない。こうした中、アメリカの大手小売業者であるWalmartとTargetがクリスマス商戦に向けて十分な在庫を確保したと発表した。2社はどのような戦略を採ったのか。

「2020年よりも多くの在庫を確保した」戦略とは?

 クリスマスや年末に向けて一気に消費ニーズが高まる中、両社の発表はそろって消費者を安堵させる形になった。コロナ禍で世界の物流や製造ラインが不安定な状況から抜けきれない中、両者が在庫確保の発表に踏み切ったのは2021年10月、多くの小売業者の間で在庫不足の不安が拡大する真っ只中だった。

 この声明が発表されたのと同じ週の2021年10月13日、ジョー・バイデン大統領は、米国のサプライチェーンを24時間年中無休で稼働させるという目標を発表した。米国西海岸のコンテナ物流を支える主要港、ロングビーチ港とロサンゼルス港も、24時間年中無休の稼働スケジュールに移行することになった。

© Industry Dive. All rights reserved.

注目のテーマ