連載
» 2022年01月07日 07時00分 公開

Google Chromeの最新バージョンがリリース 深刻度「緊急」の脆弱性を修正

Googleは最新バージョンの「Google Chrome」を配信した。深刻度が「緊急」(Critical)に分類される脆弱性が修正されている。迅速なアップデートの適用が求められる。

[後藤大地,有限会社オングス]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 Googleは2022年1月4日(現地時間)、同社のブログで「Google Chrome」の最新バージョン「Google Chrome version 97.0.4692.71」を公開した。

 同バージョンでは深刻度が「緊急」(Critical)に分類される脆弱(ぜいじゃく)性の他、複数の脆弱性が修正された。アップデートを適用するには、まずメニューから「ヘルプ」―「Google Chromeについて」を選択する、すると自動でアップデートの適用が始まるので、適用が完了したら画面の指示に従いアプリケーションを再起動すればよい。

Chrome Releases:Stable Channel Update for Desktop(出典:Googleのブログ)

合計37個の脆弱性を修正 「緊急」に該当する脆弱性の詳細は

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

セキュリティ

注目のテーマ