AWS利用時のCO2排出量モニタリングツールを提供 AWSユーザーは無償で利用可能

AWSは「Customer Carbon Footprint Tool」の提供を開始する。ユーザーがAWSを利用することでCO2排出量がどの程度削減できたかが確認する。

» 2022年03月07日 07時00分 公開
[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 米Amazon Web Services(AWS)は2022年3月1日(現地時間)、「Customer Carbon Footprint Tool」を提供すると発表した。AWSで利用中のサービスのCO2(二酸化炭素)排出量(Carbon Footprint)を確認するツールで、AWSユーザーは無料で利用できる。

他サービス利用時との比較も可能

 Customer Carbon Footprint Toolは、AWS請求コンソールの「Cost & Usage Reports」(コストと使用状況レポート)メニューからアクセスできる。

 確認できる項目は以下の3つだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

あなたにおすすめの記事PR