Digital Business +Design
ニュース
» 2021年10月21日 12時58分 公開

Microsoft、クラウド利用に伴う「サプライチェーン排出量」を可視化するツールを公開

Microsoftは、同社のクラウドサービスの利用に伴う二酸化炭素排出量を可視化するツール「Microsoft Emissions Impact Dashboard」を公開した。月別、サービス別、データセンター別に排出量情報を掘り下げることができる。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 日本マイクロソフトは2021年10月19日、同社のクラウドサービスを利用するユーザー向けに、クラウド利用に関するフットプリントを定量化する「Microsoft Emissions Impact Dashboard」(以下、Emissions Impact Dashboard)の提供開始を公式ブログで発表した。

Photo (出典:日本マイクロソフト)

クラウドの持続可能性を高めるEmissions Impact Dashboardとは

 Emissions Impact Dashboardは、クラウドコンピューティングに伴う二酸化炭素排出量の可視化、把握、分析、削減を支援するダッシュボードツール。「Microsoft Azure」など、Microsoftの各種クラウドサービスを利用するユーザー向けに公開された「Microsoft Power BI」アプリケーションだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Digital Business +Design

注目のテーマ