ITmedia DX
ニュース
» 2022年05月12日 07時00分 公開

「コロナ禍の影響が最大の分野」にIDCが提言――国内BPOサービス市場予測

IDCは、国内BPOサービス市場の予測を発表した。同社は、「COVID-19の感染拡大は国内BPOサービス市場に対して悪影響を与える一方、ポジティブな影響も及ぼしている」と分析し、特に悪影響が大きい分野にサービス内容の見直しを勧めている。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 IDC Japan(以下、IDC)は2022年5月10日、国内ビジネスプロセスアウトソーシング(BPO)サービス市場の予測を発表した。2021年の市場規模は対前年比5.1%増の8856億円だった。同社は、2023年以降の成長率は鈍化すると見ており、2021〜2026年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)を3.9%、2026年の市場規模を1兆717億円と予測する。

コロナ禍の影響が最も大きい分野は? 

 分野別に見ると、国内カスタマーケアBPOサービス市場の2021年の成長率は5.5%だった。各種給付金やワクチン接種対応などのスポット案件が増えた。業務のオンライン化や通販事業推進に伴うコールセンターの強化といった動きが寄与したものとみられる。IDCは、同市場は2022年以降も堅調に推移するとみる。

 国内財務/経理BPOサービス市場の2021年の成長率は4.2%だった。デジタルトランスフォーメーション(DX)の一環としての高度なBPOサービスを中心に拡大している。「他分野に比べて成長率は低いが、2022年以降もプラス成長を維持する」とIDCは予測する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Digital Native Leaders

注目のテーマ