デル、ストレージインフラをサービスとして提供する「APEX Data Storage Services」の国内提供を開始

デルの新たなサービス「APEX Data Storage Services」はユーザーが求める規模のストレージやパフォーマンスを選択できる。果たしてクラウドサービス利用を加速化できるのか。

» 2022年07月15日 07時00分 公開
[関谷祥平ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 デル・テクノロジーズ(以下、デル)は2022年7月14日、「APEX Data Storage Services」を国内で提供開始したと発表した。デルは、ユーザーが同サービスを利用することで、拡張性と柔軟性に優れたストレージリソースをビジネスやITオペレーションの拡大に生かしつつ、ストレージにかかわるコストのコントロールも可能だとする。

as-a-service型でストレージを利用可能 そのメリットは?

 APEX Data Storage Servicesはエンタープライズ向けストレージポートフォリオを「as-a-service」として提供する。ユーザーは使用したストレージ容量分だけ料金を支払う仕組みで、デルが保有、管理するインフラストラクチャ基盤に必要な分だけスケールアップすることも可能だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

あなたにおすすめの記事PR