IT投資を失敗させる“3つの落とし穴”企業システム戦略の基礎知識(1)(2/2 ページ)

» 2004年11月19日 12時00分 公開
[青島 弘幸,@IT]
前のページへ 1|2       

システムは「使ってナンボ」

 大規模な投資をして、最新のITを導入したにもかかわらず、運用段階で十分に使いこなせず、当初の計画どおりの効果を上げられないケースがある。いくら全体最適化だ、経営の効率化だと格好をつけても、現場が受け入れないで使わないものは、どれほどお金を掛けてもシステムとしての価値は無に等しい。例えば、最近の新聞に次のような記事を見つけた。

「電子カルテ共有、26地域中10地域で完全休止 手間と費用に医師ら敬遠」

 この事業は、経産省が00年度の補正予算で01年度に実施した「先進的情報技術活用型医療機関等ネットワーク化推進事業」(通称・電子カルテの共有モデル事業)。地域の医療機関が、患者紹介の効率化などのため、ネットワークを作りカルテを共有するシステムの開発・運用に、合計約56億円を投入。モデル地域を全国公募し、26地域の医師会などが参加した。

 事業終了後も続ける義務はないが、作ったシステムはそのまま使え、経産省も地域に根付くことを期待した。しかし、10地域で完全休止に追い込まれた。

(朝日新聞 2004/10/17)


システムの成果を測る努力を

 確かに、システムによる成果として、はっきり利益金額として得られるケースは少ない。なぜなら前ページの『ITの本質』でも述べたように「読み・書き・そろばん」をいくら機械化・自動化したところで、それだけで売り上げが増えたり製造コストや在庫が縮減したりするはずがない。

 出力として得た情報を、どうやって利益につなぐのか。あるいは、利益を上げるためにはどんな情報が入出力されるべきか。ここのシナリオ・戦略をしっかり検証しておかないと、「ITは金食い虫でもうからない」という結論になってしまう。

 ITを生かすも殺すも使い方次第である。にもかかわらず、ITが利益に直結しないという理由で軽視する向きがある。しかし、それで本当によいのだろうか。

 樹木の生長に水は必須のものだ。水が根から吸い上げられ、葉で光合成が行われて、樹木は生長する。水が直接、果実にならないからといって軽視したのでは、樹木は立ち枯れてしまう。

 ITの効果を、直接的な利益だけで測るのではなくバランスト・スコアカードの「財務・顧客・社内プロセス・学習と成長」の4視点から、多面的に評価してみてはいかがだろう。

【関連記事】
バランスト・スコアカードで業績が上がるか?(@IT情報マネジメント > 情報化戦略・投資)
バランスト・スコアカード経営管理のススメ(@IT情報マネジメント > 情報化戦略・投資)

システムは「守・破・離」で育てよう

【守】 まず、形から入り、基本を、しっかり『守』って練習する
【破】 次に、基本の殻を『破』り、応用動作を身に付ける
【離】 最後に、独自の発想を得て、基本から『離』れ独り歩きする


 この考え方は、システム構築にも応用できる。「守・破・離」のステップを踏んで、最少の投資で、基本的なところから始め、成果を評価しつつ、段階的にシステムを強化していけば、結果として、ムダな投資を防ぎ、その効果を最大化できる。

 いきなり奇をてらって「離」に走ったシステム構築をもくろんでも、基本がなってないので挫折する。何事も基礎は大切だ。かといって、いつまでも現状を「守」っていては、時代に取り残されていく。また、「破」は「守」の上に、「離」は「破」の上に積み上がって達成されるものである。

著者紹介

▼著者名 青島 弘幸(あおしま ひろゆき)

「企業システム戦略家」(企業システム戦略研究会代表)

日本システムアナリスト協会正会員、経済産業省認定 高度情報処理技術者(システムアナリスト、プロジェクトマネージャ、システム監査技術者)

大手製造業のシステム部門にて、20年以上、生産管理システムを中心に多数のシステム開発・保守を手掛けるとともに、システム開発標準策定、ファンクションポイント法による見積もり基準の策定、汎用ソフトウェア部品の開発など「最小の投資で最大の効果を得、会社を強くする」システム戦略の研究・実践に一貫して取り組んでいる。趣味は、乗馬、空手道、速読。

システム構築駆け込み寺」を運営している。

メールアドレス:hiroyuki_aoshima@mail.goo.ne.jp


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

あなたにおすすめの記事PR