ITmedia NEWS >
レビュー
» 2004年02月13日 22時09分 公開

レビュー:「Arex THUMBSTICK DUAL」:分離構造で使いやすいUSB接続MP3プレイヤー「THUMBSTICK DUAL」

MP3プレイヤーの中でも、手軽さで人気なのがUSBポートに直結できるスティックタイプ。「Arex THUMBSTICK DUAL」は、スティックタイプのメモリユニットとプレイヤーユニットを分離する事で、操作性やデザインにも配慮した、新しいスタイルのMP3プレイヤーだ。

[坪山博貴,ITmedia]

 アールダブリューシー(RWC)が発売する「Arex THUMBSTICK DUAL」は、128Mバイトのフラッシュメモリを内蔵するMP3プレイヤー。同社は既にUSBスティックメモリタイプの「THUMBSTICK」も販売しているが、THUMBSTICK DUALは後継製品という位置付けではなく、新しいスタイルの製品に仕上がっている。

 特徴は、音楽ファイルを保存するメモリユニットと、音楽再生操作を行うプレイヤーユニットを分離した事だ。メモリ部分とプレイヤー部分は、切り離し可能なフレキシブルなケーブルで接続され、ヘッドホンはプレイヤー部に接続する。プレイヤー部分に単4電池1本を収容すれば、8時間以上という長時間再生が可能だ。

Phooto カラーは、白以外にシックな黒も準備される
Photo 付属のインナイヤーヘッドフォンまで含めると、3ピース構成になる。メモリユニットとプレイヤーユニットは専用コネクタで接続される

 この構造のおかげで、メモリユニットは極めてコンパクトに。単体のUSBスティックメモリーと、ほとんど変わらないサイズにまで小型化した。メモリユニットは、コネクタカバーを外せば、そのままUSBポートに接続してUSBメモリとして機能する。もちろんこのとき、バッテリーなどは不要だし、USBマスストレージクラス対応なので、WindowsXP/2000などではドライバレスでアクセスできる。

Photo USBスティックメモリーとの比較
Photo 音楽再生時やPCでのファイル読み書き時には、ブルーのLEDが点滅する

ユーザビリティが向上

 メモリユニットとプレイヤーユニットの分離で得たものは、容易な音楽ファイルの入れ換えと、高い操作性の両立だ。音楽ファイルの入れ換えには、メモリユニットだけをPCのUSBポートに接続し、エクスプローラなどでコピー、削除を行えばいい。音楽ファイル以外をコピーして、持ち歩く事もできる。

 プレイヤーユニットでは、ジョグ1つで再生/一時停止、選曲、早送り/早戻しが可能。ボリューム操作も行える。背面にクリップを装備するため、衣服に固定しておけば、メモリユニットはポケットに突っ込んだままで操作を行える。メモリユニットが15グラム、プレイヤーユニットが18グラムと軽量だから、衣服のラインが乱れる事もない。

Photo  
Photo プレイヤーユニットは、誤操作の発生しにくいスライド式の電源スイッチを装備。ジョグは押すと再生/一時停止、倒すと1曲飛ばし、倒し続けると早送り/早戻しと、MD/CDプレイヤーのリモコンなどでも良くあるタイプだ

 ディスプレイなどは備えないが、128MBメモリでは記録できる曲数は20曲程度。それほど不便に思うことはないだろう。フォルダに保存した音楽ファイルも再生可能で、再生は書き込んだ順に行われる。PCのフォルダ内で再生順に並んでいれば、フォルダごとコピーしてしまえばOKだ。この点を押さえておけば、再生順で悩むことはないだろうし、任意の再生順にする事も容易だ。

 THUMBSTICK DUALは、USBスティックタイプと、ケーブル接続のスタンダードタイプのMP3プレイヤーのメリットを、うまく融合させている。トータルサイズでは従来の小型USBスティックタイプよりも大きくなるが、身に着けるという意味ではむしろ自由がきくだろう。それでいて、かさばる接続ケーブル類を携帯せずとも、PCと接続して音楽ファイルの入れ換えが可能。MP3プレイヤーの新しいスタイルとして、注目していい製品の1つだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.