ITmedia NEWS >
速報
» 2004年04月08日 08時26分 公開

次世代XboxはやはりHDDあり?

米Microsoftが取得した特許が「HDDを搭載したゲーミングシステム」向けのものだったため、次世代「Xbox」にはこれまで流れていた憶測とは裏腹に、やはりHDDが搭載されるのかもしれないとの見方が出ている。

[ITmedia]

 米Microsoftがゲーム機のデータ保存に関する特許を取得した。米特許商標庁特許番号6,716,102の文書では「アプリケーションおよびほかのデータを保存するためのHDDを搭載したゲーミングシステム」と記されている。このため次世代「Xbox」にはこれまで流れていた憶測とは裏腹に、やはりHDDが搭載されるのかもしれないとの見方が出ている。

 Microsoftは特許文書の中で、XboxはHDDを装備したことで、大量のデータをシステム内部に保存できるようになったと説明。「この新しい内部ストレージは、異なる種類のデータをHDDに保存/分離する上で新たな課題を生じさせた。さらに、特定のゲームタイトルに関連したデータは、不注意や、ほかのゲームタイトルあるいはアプリケーションによる破損から守られなければならない」と記載、「従って、HDDなどのデータストレージデバイスを内蔵したゲーミングシステムのデータ管理のために、改善型のシステムが必要になる」と結論付けている。

 Xboxをめぐっては、M-Systemsが次世代Xbox用にフラッシュベースのストレージデバイスを供給すると発表したほか、MicrosoftとXboxハード関連のパートナー契約を結んだイスラエルのフラッシュメモリメーカーが「MicrosoftはXboxからHDDを取り去った」と発言したことなどが伝えられ、次世代XboxにはHDDが搭載されないとの憶測を呼んでいた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.