ITmedia NEWS >
ニュース
» 2004年04月09日 17時29分 公開

コントラスト比2000:1のDLPデータプロジェクター

ミラーの振り角を12度に広げた「DDR DMDチップ」を採用した。

[ITmedia]

 オプトマジャパンは、DLPデータプロジェクター「EP732」を4月末に発売する。オープン価格で、実売予想価格は15万円前後。

 ミラーの振り角を12度に広げた「DDR DMDチップ」を採用した。解像度は800×600ピクセル(1024×768ピクセル表示まで対応)。逆光を抑制する光学エンジンを搭載してコントラスト比を2000:1に高めた。輝度は1400ANSIルーメン。

 入力信号の違いを自動判別し、画面のずれをボタン一つで修正できる機能や、デジタル台形補正機能を備えた。

 入力端子はアナログRGB(D-Sub15ピン)、S映像、コンポジットなど。サイズは272(幅)×210(奥行き)×86(高さ)ミリで、重さは2.2キロ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.