ITmedia NEWS >
速報
» 2004年04月14日 20時35分 公開

MMORPG「ストラガーデン」、5月28日正式サービススタート

[RBB Today]
RBB Today

 サミーは、新作MMORPG「ストラガーデン」の発表会を都内で開催、正式サービスの提供方法や今後のスケジュールなどを公開した。

 ストラガーデンのクローズドβテストは4月15日よりスタートされ、5月28日には正式サービスへと移行する予定。正式サービスの利用料金は以下のとおり。

  • 30日間 1,050円(税込)
  • 60日間 2,000円(税込)
  • 90日間 2,800円(税込)

 (WebMoneyまたはクレジットカード決済)

  • 自動継続 950円/月

 (クレジットカード決済のみ)

 クライアントソフトはパッケージ販売のかたちで提供され、30日のプレイ権付きで7,140円(税込)。なお、初回販売パッケージは「友達と一緒に始めよう!パック」として、購入者本人用のCD-ROMと30日プレイ権付きアカウントのほか、友人などにプレゼントするためのCD-ROMと10日間プレイ権付きアカウントが同梱される。

 このストラガーデンでは、誰もが参加できるいわゆる「オープンβ」は行われない予定なので、本サービス前にゲームをやってみたい人は、現在募集中の第二次クローズドβテスター募集に応募しよう。

 ストラガーデンは、ドワンゴとフロムネットワークスが開発したフル3D“なごみ系”ファンタジーMMORPGで、日本での運営はサミーがおこなう。

ストラガーデンの特徴について説明するフロム・ネットワークス高橋宏典氏。プレイヤーがコミュニケーションスペースとして使いやすいよう、ゲーム内の建物はどれも広めに作られているという。
ストラガーデンの今後の目標について「(日本とアジア地域で)あわせて2年で200万人以上の会員を獲得したい」と語る、サミーAM営業本部営業推進部次長 服部浩二氏