ITmedia NEWS >
ニュース
» 2004年04月14日 21時54分 公開

802.11aと802.11b/g切り替え式の低価格無線LANアクセスポイント――バッファロー

バッファローは、IEEE802.11aとIEEE802.11b/gを切り替えて使用する無線LANアクセスポイント搭載ブロードバンドルータ「WHR3-AG54」、および同製品と802.11a/b/g対応無線LANカードをセットにした「WHR3-AG54/P」を発表した。価格は、WHR3-AG54が1万7500円、同/Pが1万9500円。

[ITmedia]

 バッファローは、IEEE802.11a/b/gの3規格に同時に対応可能な無線LANアクセスポイント搭載ブロードバンドルータ「WHR2-A54G54」の低価格モデルで、802.11aと802.11b/gを切り替えて使用する「WHR3-AG54」、および同製品とIEEE802.11a/b/g対応無線LANカードをセットにした「WHR3-AG54/P」を発表した。価格は、WHR3-AG54が1万7500円、WHR3-AG54/Pが1万9500円。出荷はWHR3-AG54が5月中旬、WHR3-AG54/Pは4月下旬の予定。

IEEE802.11a/b/g対応無線LANカードセットモデルの「WHR3-AG54/P」

 WHR3-AG54、WHR3-AG54/PともにIEEE802.11a/b/gの3規格に対応するが、.11aと.11b/gを同時に使用することはできない。複雑なセキュリティ設定をワンタッチで行える「AOSS(AirStation One-Touch Secure System)」設定用ボタンと、AOSS動作確認用LEDを搭載する。導入支援ツール「Air Navigator」と無線LAN接続ユーティリティ「クライアントマネージャ2」の対応OSは、Windows XP/2000/Me/98/95/NT4.0。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.