ITmedia NEWS >
速報
» 2004年04月20日 11時59分 公開

“E-対応”で北欧の優位揺るがず。日本は世界25位

各国のインターネット対応度合いを各種側面から分析した結果、世界上位5カ国のうち4カ国が北欧勢になった。アジアではシンガポールの7位が最高。日本は前年から一つ順位を落とし、25位となった。

[ITmedia]

 米IBMは4月19日、英国の経済誌「The Economist」の調査部門Economist Intelligence Unit(EIU)と共同で行った分析に基づく世界主要60カ国の「E-Readiness」ランキングを発表した。首位はデンマークで、昨年トップのスウェーデンは3位。米国は、昨年の3位から6位に順位を落とした。上位5カ国のうち4カ国が北欧勢だ。

 これは、各国のインターネット対応度合いを各種側面から分析した結果をまとめたもの。各国の市場を10点満点で評価してランキングを出している。今回の調査では、ブロードバンド浸透率も得点に反映させたという。

 首位デンマークは8.28点。2位は0.01ポイント差で英国となっている。両国とも、それぞれ前年から一つずつ順位を上げた。昨年は英・米・オランダが同点3位だったが、米国と同じようにオランダも、今年は8位に順位を落とした。

 アジアではシンガポールの7位が最高で、香港の9位、韓国の14位と続いている。日本は前年から一つ順位を落とし、25位となった。

 上位10カ国のランキングとE-Readinessの評価点は次の通り。

1. デンマーク(前年2位/8.28点)

2. 英国(前年3位/8.27点)

3. スウェーデン(前年1位/8.25点)

4. ノルウェー(前年7位/8.11点)

5. フィンランド(前年6位/8.08点)

6. アメリカ(前年3位/8.04点)

7. シンガポール(前年12位/8.02点)

8. オランダ(前年3位/8.00点)

9. 香港(前年10位/7.97点)

10. スイス(前年8位/7.96点)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.