ITmedia NEWS >
ニュース
» 2004年05月19日 18時23分 公開

ゲームのダウンロード販売「RealArcade」を日本でも展開

リアルネットワークスは、ゲームのダウンロード販売が利用できるクライアントソフト「RealArcade」の日本語版をリリースした。対応OSはWindows95 OSR2/98/ME/2000/XPで、同社のWebサイトから無料でダウンロードできる。

[RBB Today]
RBB Today

 リアルネットワークスは、ゲームのダウンロード販売が利用できるクライアントソフト「RealArcade」の日本語版をリリースした。対応OSはWindows95 OSR2/98/ME/2000/XPで、同社のWebサイトから無料でダウンロードできる。

 専用のクライアントソフトであるRealArcadeを利用することで、システム要件のチェック、ダウンロード、インストールが自動的に行われる。ほか購入したゲームを一覧できたり、仮想CDにバックアップできるなど一元管理が可能になる。

 現在、90社以上150タイトル以上のゲームがダウンロードで販売されており、料金は1タイトル当たり1,998円、1,488円、988円のいずれか。それぞれ、プレイ時間などが限定された無料版も用意されており、試しにプレイできるようになっている。

 また、頻繁に利用するユーザを対象にした「GamePass」コースが用意されている。月額698円を支払うことで1か月間に1つのゲームが無料でダウンロードでき、2本目以降は1本当たり500円引きで購入できるようになる。

 なおRealArcadeは、すでに英語版とドイツ版がリリースされており、2,000万以上のユーザに利用されているとしている。

RealArcadeの日本語版