ITmedia NEWS >
ニュース
» 2004年06月22日 15時54分 公開

リコーがDVD-Rも発売

DVD+R/RW陣営の同社がDVD-Rを発売するのは初。

[ITmedia]

 リコーは6月22日、DVD-Rメディアを発売すると発表した。DVD+R/RW陣営の同社がDVD-Rを発売するのは初。「記録型DVDメーカーとして一層の飛躍を目指す」としている。

 ラインアップは以下の通りで、それぞれオープン価格。

型番 枚数 用途 対応記録速度 発売日 実売予想価格(税込み)
DMRD-8XCWCR5 5枚 データ 8倍 7月上旬 1800円前後
DMRD-4XSPPR20 20枚 データ 4倍 6月29日 4900円前後
DMRV-4XCWCR10 10枚 録画 4倍 6月29日 2400円前後

 DMRD-8XCWCR5は、高速記録に対応した高感度有機色素を採用、耐久性を高めてエラーレートを低減したという。インクジェットプリンタと相性がいいというメタリックカラーレーベルを採用した。ディスクカラーに合わせた5色のスリムケース付き。

 DMRD-4XSPPR20は、通常のホワイトよりも光沢のある「メタリックホワイト」カラーのレーベルを採用した。

 DMRV-4XCWCR10はDMRD-8XCWCR5と同様に、印刷に適したメタリックレーベルとスリムケースを採用している。

 発売記念として、8倍速対応データ用DVD-R 5枚と、4倍速対応データ用DVD+RW 1枚をセットにした「DMRD-8XCWCR6」も6月29日から限定1万パックで販売する。実売予想価格はDVD-Rメディア5枚パックと同等の1800円前後(税込み)。

 合計で月間50万枚の販売を予定している。

 同社は、国内で現在最も多くの環境で使用可能な追記型DVDメディアであるDVD-Rを発売することで、記録型DVDメーカーとして一層の飛躍を目指すとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.