ITmedia NEWS >
ニュース
» 2004年07月08日 18時52分 公開

三洋、ピンク/ホワイトボディの20/15V型液晶TV

500カンデラ/平方メートルの高輝度パネルを採用した。表示画素数は15V型が1024×768ピクセル、20V型が640×480ピクセル。

[ITmedia]

 三洋電機は7月8日、液晶TV「vizon」(ヴィゾン)シリーズ新製品2機種を8月6日に発売すると発表した。オープン価格で、税別の実売予想価格は15V型「LCD-15A2」が8万円前後、20V型「LCD-20A2」が12万円前後。ボディカラーはホワイトとピンクの2色から選べる。

「LCD-15A2(P)」(左)と「LCD-20A2(W)」。「“スマートボディにキュートなマスク”をキャッチフレーズに、親近感のあるデザインに仕上げました」(同社)

 それぞれ、500カンデラ/平方メートルの高輝度パネルを採用した。表示画素数は15V型が1024×768ピクセル、20V型が640×480ピクセル。

 映像に応じて画質を自動調整する「ダイナミックAI」と3次元Y/C分離回路を搭載して高画質化した。TV画面を一時停止させられる「画面メモ機能」や、輝度を下げて消費電力を抑える「節約モード」が利用可能だ。

 内蔵スピーカーの出力は2ワット×2。D2入力端子、S1映像入力端子、コンポジット入力端子などを備える。360度回転できるスイーベル機構と、前後15度にチルト機構を搭載している。

 サイズは15V型が37.3(幅)×39(高さ)×22.6(奥行き)センチで、重さは6.4キロ、20V型が48(幅)×46.8(高さ)×22.6(奥行き)センチで、重さは8キロ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.