ITmedia NEWS >
ニュース
» 2004年08月06日 18時46分 公開

ビクター、ウルトラハードコート採用の2倍速録画対応DVD-RWディスク

日本ビクターは、新開発の表面保護技術「ウルトラハードコート」を採用した、2倍速録画対応DVD-RWディスク「HG」シリーズ4モデルを9月下旬に発売する

[記事提供:RBB TODAY]
RBB Today

 日本ビクターは、新開発の表面保護技術「ウルトラハードコート」を採用した、2倍速録画対応DVD-RWディスク「HG」シリーズ4モデルを9月上旬に発売する。日本製。価格はオープン。

 製品ラインアップは以下のとおり。

  • VD-W120HG(単品):録画時間120分(標準モード)
  • VD-W120HG5(5枚パック):録画時間120分(標準モード)
  • VD-W240HG(単品):録画時間240分(両面、標準モード)
  • VD-W240HG5(5枚パック):録画時間240分(両面、標準モード)

VD-W120HG

レーベル面

 HGシリーズでは、新開発のウルトラハードコートにより、同社の従来ディスクに比べ約150倍以上のエラー耐性を実現し、キズがつきにくなっているという。録画・再生時のエラー発生要因である指紋などの油分汚れによるレーザーの拡散を抑える、低撥油化技術を採用した。

 また、表面に適度な潤滑性を持たせることで、汚れを拭き取りやすくした。帯電防止効果は従来比100倍以上となり、チリやホコリも付きにくいという。さらに、独自のディスク製造技術により、ジッター(信号の時間軸のずれ)やエラーレートを低減。コピーワンス番組の録画が可能なCPRMに対応している。