ITmedia NEWS >
ニュース
» 2004年08月09日 20時24分 公開

デジタル家電とPCを融合した新ブランド「ViVaEleca」(1/2 ページ)

ノバックが、従来にないコンセプトのデジタル家電やPC周辺機器を提案する新ブランド「ViVaEleca」(ビバエレカ)を発表。第一弾として、独自HDカセット採用のAVプレーヤーと、3万円を切ったポータブルDVDプレーヤーを発売する。

[西坂真人,ITmedia]

 ノバックは8月9日、従来にないコンセプトのデジタル家電やPC周辺機器を提案する新ブランド「ViVaEleca」(ビバエレカ)を発表した。第一弾として、DiVX対応DVD/HDカセットプレーヤー「Mpeg HD Gate(VE-HD001P)」とポータブルDVDプレーヤー「DVD Porter(VE-PD707S/B)」を9月下旬から発売する。価格はオープンで、市場想定価格はMpeg HD Gateが2万4800円前後、DVD Porterが2万9800円前後。

 ViVaElecaブランドは、ノバックが企画・開発を担当し、国内販売はソフトバンクBB、輸入調達・海外販売展開は三井物産が行う。

photo DiVX対応DVD/HDカセットプレーヤー「Mpeg HD Gate(VE-HD001P)」
photo ポータブルDVDプレーヤー「DVD Porter」

独自HDカセットでPCとTVをシームレス連携

 DiVX対応DVD/HDカセットプレーヤー「Mpeg HD Gate」は、独自のリムーバブルディスクシステム「HDゲート(ハーディーゲート)」方式を採用したAVプレーヤー。

photo DiVX対応DVD/HDカセットプレーヤー「Mpeg HD Gate」
photo 独自リムーバブルディスクシステム「HDゲート(ハーディーゲート)」方式

 PCのHDDに保存されている映像/音楽/写真データをUSB端子を搭載したHDカセットにコピー。Mpeg HD GateにそのHDカセットを挿入するだけで、さまざまな動画/静止画/音楽データをテレビやプロジェクターなどで再生できる。ビデオカセットをビデオデッキで再生するような手軽さがセールスポイントだ。

photo

 再生可能なファイル形式は、DVD-Video/DVD-VR/SVCD/VCD/音楽CDのほか、MPEG-1/MPEG-2/DivX/MPEG-4(AVI)などのMPEGファイル(生ペグ)、JPEG/MP3データの再生も行える。DVDプレーヤーで再生可能なフォーマットはDVD±R/RW、DVD-ROM、CD-R/RW、CD-ROMと多彩なフォーマットに対応。

photo HDカセットを挿入するとファイルやフォルダが表示される

 HDカセットにはIDEタイプの3.5インチHDD(LBA対応)を収納可能。新規でHDDを用意する以外に、アップグレードで余ったHDDを利用することもできる。USBインタフェースはUSB2.0に対応。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.